はしはたのぼる雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS きっと恵まれているバイト環境

<<   作成日時 : 2004/04/02 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自己紹介の補足



そろそろ本題にしたかったことを書いていこうと思ったり思わなかったり。

バイトを始めるまで



昨年(2003)年11月に市の保健所に行く。「ひきこもり」に関する知識がないためにろくでもない対応をしてしまう団体が公私を問わずある話を聞いていたために、まさに「意を決して」の行動だった。

で、その他の経過は省くけど、次の三つの話が揃った。

1)多少でもアルバイトなどで稼げたらいい、ただしひきこもりに理解のないところでやるくらいならしないほうがマシという希望
2)簿記2級を持っている。
3)ある程度パソコンは使い慣れている。

ここで保健所の方から提案があって、障碍者のためのある作業所で、簿記のわかる人を探しているのでそこで少し働いてみないか、ということになった。

その作業所は当時引っ越し作業中でばたばたしてて落ち着かない、ということで翌年(今年=2004年)1月中頃に保健所のその方を含めて作業所の方々と面談。

この結果、その月の末からとにかくやってみる、ということになる。
ちなみに、「作業所の方は悪い人ではないんだがうっかりすると次々に仕事が増えるおそれがあるので簿記作業に限定すること、万一おかしなことになるようなら保健所の人も含めて会議」という条件もつけて頂いた。

面談の際は仕事の定義以外の話は皆無と言っていいほどなし。特にひきこもりがいやがるような質問は一切なしでした。履歴書も出してません。

…NHKの掲示板で就職に苦労している話が少なくない状況で、できすぎているくらいの話です。

アルバイトでなく定職だったらそうはいかなかったかもしれない。
私が過去に無断欠勤→退職の常習だったらそうはいかなかったかもしれない。

私はどちらにも該当していません。幸運でした。

かくて、22歳から7年に及ぶひきこもりというか事実上無収入生活は終わりとなりました。

バイトの内容



週1,2回昼から三時間ほど時給800円で伝票処理のお手伝い。Windows で動く会計処理ソフトに、すでにある伝票をもとにデータ入力していく作業が基本。

で、もともとそれほどたくさん伝票があるわけではなくて、そのあとの自動集計などの出力のための操作なんかも私の作業に入っている。このあたりで簿記の知識がない少し困ってしまうので。貸借対照表とか損益計算書とか。

私の持っている資格は他にほとんど無く、その意味でも幸運。

仕事の内容は、簿記作業に厳しく限定されつつも確かに少しずつ増えて…
いや、簿記には直接関係ないパソコン系の操作が増えているような(w

この作業所の常勤は二人。定期的に入っている非常勤も私だけ、あとは不定期の非常勤の方と無償のボランティアの方がいるらしい。

で、私が直接顔を見るのは基本的に常勤の方のみとなるのですが、このお二人がお二人ともパソコンが苦手というなんともアチャーな状況のところなんであります。

どれくらいアチャーかというと、作業所にインターネット接続環境があるのに、補助金もらうための役所へ出す書類のひな形をフロッピーディスクでもらってくるくらい。メール箱の方はどうなっちゃってるんでしょうか。

ええと、ひきこもり定義外になったばかりにしては恵まれすぎている環境という話ですので。

書くの疲れた。これで今回は一区切り。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きっと恵まれているバイト環境 はしはたのぼる雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる